DigiPress

Highly Flexible WordPress Theme

メニュー

DigiPress Ex – Blocks : 標準ブロックの拡張と独自ブロックを追加する必須プラグイン

DigiPress Ex – Blocks : 標準ブロックの拡張と独自ブロックを追加する必須プラグイン

WordPress のブロックエディターの標準ブロックを拡張し、さらに DigiPress テーマにプリセット済みの CSS をベースに、直感的な操作で利便性の高い様々なオリジナルのブロックを追加する DigiPress テーマ専用のプラグインです。

HTML や CSS セレクタを一切記述せず、実際のページと同じ表示で本文を意のままに作成でき、Webコンテンツ制作の自由度を一気に広げます。

メンテナンス効率のため、本プラグインの機能はテーマには組み込まずプラグイン化しています。
このため、無料版は最低限 DigiPress テーマと併用する必須プラグインとしてぜひご利用ください。

ダウンロードはこちら
無料版ダウンロード 有料版のご購入
準備中…
プラグインアップデート情報

※現在はまだベータ版のため、頻繁にアップデート(仕様変更、修正)が発生します。
無料版と有料版の違いはこちら
対象テーマ・バージョンはこちら

【有料版】有効期限後でも作成済みのブロックのコンテンツは継続して表示されます(削除されません)。

特徴

  • テーマにプリセットの装飾 CSS (セレクタ)を最大限利用することで、プラグイン側の独自 CSS を軽量化
  • リッチテキスト対応ブロック内のコンテンツに、テーマにプリセットの装飾 CSS を効率的に反映し、インライン CSS の増殖を抑制
  • 様々な WordPress 標準ブロックの機能を拡張し、選択範囲のみにプリセットまたはインラインの CSS を適用。
  • オリジナルブロックを追加し、テーマにプリセットの CSS を活用しながら様々な実用的なコンテンツを作成。
  • すべての拡張機能とオリジナルブロックは、レスポンシブ表示に対応

主な機能

本プラグインの機能は、大きく分けて以下の2点に分類されます。

  1. WordPress 標準ブロックの拡張
  2. 本プラグインによる独自ブロックの追加

WordPress 標準ブロックの拡張

本プラグインにより、標準ブロックに対して以下の機能が拡張されます。

オリジナルブロックの追加

本プラグインにより、「DigiPress ブロック」セクションが新たに追加され、そこから様々な独自ブロックコンテンツを作成できます。

DigiPress ブロックのブロック追加

仕様/注意事項

  • 本プラグインは DigiPress テーマ専用です。他のテーマでは動作できません。
  • プラグインを正常に使用するには、事前にご利用のDigiPressテーマを対象バージョン以上にアップデートした状態でご利用ください。対象テーマとバージョン以外の環境ではサポート致しかねます
  • 本プラグインは(WordPress のブロックエディター機能自体)、インラインの CSS を挿入したり、一部 JavaScript に依存する機能が必然となるため、それらを一切禁止している AMP の仕様では正常に表示できません
    DigiPress の AMP モードは無効であることが前提の動作となります。
  • 定期支払いの処理は自動的に行うため、お支払い方法は、クレジットカード決済(Stripe利用) または PayPal(クレジット決済にも対応)決済 のいずれかにてお手続きいただく必要があります。
  • 定期支払いは、マイアカウントページの「購入履歴」よりいつでも解除、再開ができます。
定期支払いを中止する場合
定期支払いを再開する場合
  • 定期支払い解除後も、ライセンス有効期間内であれば、ライセンスキーの認証と解除が行え、サポートも引き続きご利用いただけます。
  • 定期支払いの解除、および有効期限後も投稿済みのブロックコンテンツはそのまま継続して表示されますが、アップデートや有料版で提供されるブロックの追加、編集ができなくなります。

無料版と有料版の機能比較表

WordPress 標準ブロックの拡張機能
「段落」の拡張 「見出し」の拡張 「テーブル」の拡張 「リスト」の拡張 「カラム」の拡張 「画像」の拡張 「メディアと文章」
の拡張
無料版              
有料版          
オリジナルブロック(DigiPress ブロック)
吹き出し ブログカード ボタン ラベル カラーボックス アイコンリスト アコーディオンパネル
無料版            
有料版          

有料版で利用可能なブロックは、順次追加予定です。

有効期限後の制限事項

定期支払いを解除し、有効期限が過ぎた場合、以下の制限があります。
定期支払いを再開した場合は、再びすべてのサービスをご利用いただけるようになります。

有効期限後も利用できるサービス
  • 無料版として提供されている機能のすべて。
  • 作成(投稿)済みの有料版で提供されるブロックコンテンツの表示。
有効期限後は利用できないサービス
  • 有料版で提供されるブロックの追加、編集。
  • WordPress管理画面の更新ページでの最新版の通知と自動アップデート。
  • 購入履歴からの対象プロダクトのダウンロード。
  • プラグインに関するメール(専用フォーム)でのサポート、およびフォーラムへの投稿。

対象テーマ/バージョン

本プラグインの前提動作テーマおよびバージョンは以下の通りです。
必ず前提環境を満たしていることをご確認の上、ご利用ください。サポート対象外の環境については対応致しかねます

  • fresco 2.1.0.4〜
  • Luminous – BE 2.1.0.4〜
  • Luminous 1.1.7.8〜
  • Clarity – BE 2.1.0.5〜
  • Clarity 1.2.1.0〜
  • Fancie NOTE – BE 2.1.0.5〜
  • Fancie NOTE 1.2.4.7〜
  • Macchiato 2.0.0.7〜
  • Macchiato Light 1.2.8.7〜
  • Voyageur 1.3.5.1〜
  • Voyageur Light 1.3.0.8〜
  • Lemon Cream 2.0.2.7〜
  • COLORS 2.1.4.0〜
  • MAGJAM 1.5.1.1〜
  • ESCENA 1.3.1.1〜
  • GRAPHIE 1.3.5.1〜
  • el plano 1.5.3.6〜

BE : Business Edition の略です。

ダウンロードはこちら
無料版ダウンロード 有料版のご購入
準備中…