DigiPress

Highly Flexible WordPress Theme

メニュー

Luminous – Business Edition / Custom Skin Pack

WordPressテーマ「Luminous – Business Edition」によるウェブサイトのレイアウトやデザイン、配色、その他テーマオプションがプリセットされたDigiPressのインポートファイルと、サンプルサイトのコンテンツを復元するための各種データファイルがセットになったスキンパックです。

DigiPress を利用してこれからサイトを新規に構築する際に、デザインや設定の見本を学びながら短期間でテーマの機能を十分に活用して効率的なサイト制作を行いたい場合や、既存サイトの配色やレイアウトを変更するにあたり、テーマのライセンスを消費しないローカル環境でまずは十分にテストしてから安全かつ瞬時にデザインを変更する場合にご活用いただけます。

収録カスタムスキン一覧

この商品には、以下のスキンが含まれています。
クリックして各スキンを適用した実際のサイトをご覧いただけます。

Screenshot
Luminous 1
Screenshot
Luminous 2
Screenshot
Luminous 3
追加予定
追加予定
追加予定

対象テーマにて、このカスタムスキンパックを利用することで、これらのサンプルサイトと全く同じデザインと設定内容の WordPress のサイトを瞬時に復元することができます。

収録カスタムスキンは、不定期に追加される予定です。

ご購入はこちら

複数のテーマのカスタムスキンパックとまとめてカートに追加いただくと、よりお得にご購入いただけます。

導入手順

既存サイトなど、DigiPress のカスタムスキンと詳細設定内容のみを復元し、サンプルサイトのダミーコンテンツの復元が不要な場合は、⚠ マークの付いている手順は不要です。

Step1. 商品データのダウンロード

マイアカウントページの購入履歴よりダウンロードしたカスタムスキンパックのファイルを解凍し、以下のファイルを確認します。

このカスタムスキンパックには、スキン(フォルダ)ごとに以下のファイルが含まれています

(テーマ名)-settings.json
カスタマイズ済みの DigiPress テーマのすべてのテーマオプションがプリセットされた DigiPress テーマ専用のインポートファイル(デザイン+詳細設定)です。
一部、テーマオプションにはない箇所(Webフォント、メニューサイズ、その他細かなデザイン調整)を独自にスタイリングした カスタムCSS もそのまま含まれます。
DigiPress の「バックアップ/リストア」メニューから瞬時にスキンを適用できます。
wp-import-data.xml
WordPress の公式プラグインである「WordPress インポートツール」のバックアップファイルです。
上記収録カスタムスキンのサイトと同じダミーコンテンツ(投稿、固定ページ、コメント、カスタムフィールド、カテゴリー、タグ、メニュー、カスタム投稿)を復元することができます。
なお、画像ファイルは付属しませんが、インポート時に上記カスタムスキンのサイトから自動的にダウンロードさせることができます。
widgets-data.wie
WordPress のウィジェットの設定内容をバックアップ/リストアする「Widget Importer & Exporter」プラグインのバックアップファイルです。
このプラグインを利用し、上記収録スキンのウィジェットの登録状態と設定内容を完全に復元します。

また、各スキンデータとは別に以下の WordPress プラグインが付属します。

dp-ex-remove-duplicate-custom-fields.zip
「DigiPress Ex – カスタムフィールドの重複削除」プラグイン。
後述するダミーコンテンツを復元する作業の途中で使用します。
ダミーコンテンツの復元が不要な場合は、次に Step 5 の作業のみで完了です。

Step 2. テーマのインストール ( ⚠ )

テスト環境や新規インストールにてスキンを適用する場合、まずは対象テーマをインストールし、ライセンス認証を行います。

ローカル環境(localhost, 127.0.0.1)の場合は、認証を行ってもライセンス数を消費しません。

参考

WordPress のテスト環境をローカルで構築する場合は、以下のようなアプリケーションを用いることで簡単に構築できます。

Screenshot

Local WordPress development made simple

Stop debugging local environments and spend more time launching WordPress sites.

参考 : https://hacknote.jp/archives/35585/

Step 3. 必須/前提プラグインのインストール ( ⚠ )

このカスタムスキンパックのデータを利用し、サンプルサイトのダミーコンテンツやウィジェットの設定状態と共に、収録スキンのカスタム状態でサイトを完全に復元するには、以下のプラグインを事前にインストールしておく必要があります。
WordPress のプラグインの新規追加ページからプラグイン名で検索してインストールしておきます。

検索してインストールするプラグイン

  • WordPress Importer (リストア後、削除可能)
    → サンプルサイトの投稿、固定ページ、カテゴリー、メニュー等を復元するために必要です。
  • Widget Importer & Exporter (リストア後、削除可能)
    → サンプルサイトのウィジェットの設定状態を復元するために必要です。
  • Widget Logic
    → 各ウィジェットの表示対象を制御するために必要です。

DigiPress Ex – カスタムフィールドの重複削除」プラグインは、商品データを解凍して得られた “dp-ex-remove-duplicate-custom-fields.zip” を WordPress のプラグイン新規追加画面から直接アップロードします。

この時点では、まだ有効化はしないでください。

また、以下のプラグインは必須ではありませんが、サンプルサイトのコンテンツを完全に復元する場合はインストールおよび有効化しておいてください。

前提プラグイン

  • DigiPress Ex – Shortcodes (Shortcodes for DigiPress)
    ※使用しない場合は、プラグインで表示しているショートコードの箇所が反映されません。
  • Contact Form 7
    ※使用しない場合は、サンプルサイトの「お問い合わせ」ページのフォームコンテンツが復元されません。

上記インストールしたプラグインのうち、以下のプラグインを有効化しておきます。

有効化するプラグイン

  • DigiPress Ex – Shortcodes
  • Contact Form 7
  • 【必須】 WordPress Importer
  • 【必須】 Widget Importer & Exporter
  • 【必須】 Widget Logic

Step 4. WordPress デフォルトコンテンツの削除 ( ⚠ )

新規で WordPress をセットアップした直後は、サンプルの投稿、固定ページ、およびサイドバーウィジェットがプリセットされているため、ダミーコンテンツをインポートする前にこれらを削除しておきます。

サンプル投稿の削除

【投稿】→【投稿一覧】を開き、「Hello world!」の投稿を削除します。

サンプル固定ページの削除

【固定ページ】→【固定ページ一覧】を開き、「サンプルページ」の固定ページを削除します。

サンプルウィジェットの削除

【外観】→【ウィジェット】を開き、サイドバーエリアの「検索」、「最近の投稿」、「最近のコメント」、「アーカイブ」、「カテゴリー」、「メタ情報」のウィジェットをすべて削除します。

Step 5. DigiPress テーマオプションのリストア

DigiPress テーマオプションの「バックアップ/リストア」メニューから “(テーマ名)-settings.json” をインポート(リストア)します。

既存サイトの場合は、事前にテーマオプションのバックアップを取得しておいてください。

【DigiPress】→【ビジュアル設定】または【詳細設定】を開き、一番下にある「バックアップ/リストア」メニューの “リストア” からカスタムスキンファイルを選択し「設定をリストア」をクリックします。

以下のメッセージが表示され、テーマオプションの設定の復元とカスタムCSSの再作成が完了します。

Step 6. ダミーコンテンツのリストア ( ⚠ )

【ツール】→【インポート】を開き、WordPress の 「インポーターの実行」をクリックします。

ダウンロードしたカスタムスキンのファイルから “wp-import-data.xml” を選び、「ファイルをアップロードしてインポート」をクリックします。

インポートデータ内の投稿者はインポート先のサイトのユーザーとは一致しないため、インポート先での投稿者を割り当てます。
また、サンプルサイトのアイキャッチ画像などのアップロード画像も流用する場合は、「添付ファイルをダウンロードしてインポートする」にチェックをしてから「実行」をクリックします。

以下のメッセージが表示されたら、WordPress のダミーコンテンツの復元は完了です。

Step 7. 各メニュー位置の指定 ( ⚠ )

前手順にてダミーコンテンツの復元は完了しましたが、「WordPress Importer」プラグインでは各メニューの位置の状態までは復元されないため、サンプルサイトと同じメニューを表示するには、以下のようにします。

【外観】→【メニュー】を開き、「位置の管理」タブを開きます。
各メニューの位置に対して、同名のメニューまたは類推される該当メニューを指定します。

Step 8. ウィジェットの設定内容のリストア ( ⚠ )

【ツール】→【Widget Importer & Exporter】を開き、「ウィジェットのインポート」から、ダウンロードした商品データにある “widgets-data.wie” を選択して「ウィジェットをインポート」ボタンをクリックします。

正常に復元されたウィジェットについては「インポート済み」と表示されます。

Step 9. 重複したカスタムフィールドの削除 ( ⚠ )

WordPress のカスタムフィールドは、重複するキー名でも複数登録できるため、ダミーコンテンツのリストアの過程で値の異なる同一フィールドが重複してしまうことがあります。
このため、カスタムフィールドのうち空のものが反映されないように空のフィールドは削除します。

削除するには、予めインストールしておいた「DigiPress Ex – カスタムフィールドの重複削除」プラグインを有効化し、その後すぐに停止します。

有効化するのみで空のカスタムフィールドのみが削除されます。

Step 10. プラグインの停止 & 削除 ( ⚠ )

本手順で有効化したプラグインのうち、リストア作業で使用した以下のプラグインは停止、削除できます。

停止・削除可能なプラグイン

  • WordPress Importer
  • Widget Importer & Exporter
  • DigiPress Ex – カスタムフィールドの重複削除

以上でカスタムスキンとダミーコンテンツの復元作業は完了です。

仕様/注意事項

  • このプロダクトはWordPressテーマ「Luminous – Business Edition」専用のスキンデータです。他のDigiPressテーマでは正常に利用できません。
  • カスタムスキンを適用する場合は、対象テーマを最新版にアップデートしておいてください。
  • 本スキンデータに付属のダミーコンテンツもインポートする場合は、先述の必須プラグインは必ずインストール、および必要な段階で有効化しておく必要があります。
  • 前提プラグインを使用しない場合、スキンデータをインポートしても対象プラグインによるコンテンツは復元されません。
  • サーバー側で設定されているアップロードファイルサイズの上限は 3MB以上 である必要があります。
  • カスタムスキン適用後、DigiPress テーマの任意の設定箇所を個別に変更して保存し直した場合、一部テーマではタイトル画像やヘッダー画像がテーマのデフォルトにリセットされます。
  • ご購入後に追加された新たなスキンデータは、「マイアカウントページ」の「購入履歴」より最新の商品データをダウンロードいただくことでご利用いただけます。

ご購入はこちら

複数のテーマのカスタムスキンパックとまとめてカートに追加いただくと、よりお得にご購入いただけます。