DigiPress

Highly Flexible WordPress Theme

メニュー

【Macchiato】v.2.0.0.0 更新内容

2019/7/11 : v.2.0.0.0

[拡張]サイト内検索ウィジェットの刷新、検索条件オプションの追加

「DP-サイト内検索」ウィジェットを刷新し、対象カテゴリー(除外カテゴリー指定可)、対象タグ(除外タグ指定可)、検索期間、プリセット検索ワードの表示有無を設定できるオプションを追加。


[拡張]投稿ページにて、本文内の見出し(h1〜h6)を抽出して目次を自動で表示する機能を追加

【詳細設定】→【シングルページ表示設定】の「目次表示設定」

表示例


[拡張]記事下部にSNSフォローボックス(Facebook, twitter)表示オプションを追加

【詳細設定】→【シングルページ表示設定】の「SNSフォローボックス表示設定」


[拡張]アーカイブページの種類ごとで、閲覧者による記事一覧の並び替え許可と選択可能なソート条件の指定オプションを追加

【詳細設定】→【記事並べ替え表示設定】


[拡張]利用可能なサイトのベースフォントの拡充と構造の最適化

【ビジュアル設定】→【基本テキスト設定】→「タイポグラフィ設定」の “使用フォント”

Google Fonts の Web フォントから、現在利用可能な日本語フォントを選択可能。


[拡張]英数字優先フォント指定機能追加

「英数字用フォント」設定を追加。
英数字は日本語用(サイトのベース)フォントとは別のフォントで表現したい場合は、このオプションにて設定が可能。

【ビジュアル設定】→【基本テキスト設定】→「タイポグラフィ設定」の “英数字用フォント”


[拡張]本文の見出し(h1〜h6)タグのカスタマイズオプションを追加

本文内にある見出しタグのフォントサイズを、基本フォントサイズに指定した値を基準とする割合(%)でそれぞれ変更可能なオプションを追加。

【ビジュアル設定】→【基本テキスト設定】→「本文内の見出し表示設定」メニュー

また、タイポグラフィー設定で指定されている主要タイトルのフォントスタイルとは別に、記事本文内の見出しタグ(h1〜h6)のフォントの太さと斜体の有無を選択可能にするオプション追加。


[拡張]ヘッダーバーの検索フォームはクリックでポップアップ表示およびプリセットワード機能を追加

従来、ヘッダーバー右側にある検索アイコンは、ホバーすると検索ワードの入力フォームがスライドで現れるのみの仕様を、アイコンをクリックするとフルスクリーンで検索フォームが中央にポップアップ表示される機能に刷新。
また、プリセットワード機能を搭載し、検索させたい予備のワードを複数登録し、検索ワードの入力欄の直下にリンクで表示させておける機能を追加。

【詳細設定】→【サイトタイトル/ヘッダーバーエリア設定】→【ヘッダーバー右側コンテンツ設定】にて設定可能

表示例


[改良]ヘッダーバーの検索フォームと電話番号(リンク)は独立してそれぞれ表示可能に仕様変更

従来、ヘッダーバー(グローバルメニュー)右側のコンテンツとして、検索フォームか電話番号のいずれかを表示する仕様であったものを、検索フォームと電話番号はそれぞれ個別に表示有無を指定できるように仕様変更。
また、ヘッダーバーの電話番号のフォントサイズを従来より4ピクセル拡大(14px → 18px)。


[拡張]カテゴリーアーカイブ、タグアーカイブページの記事一覧の表示順指定オプションを追加

管理画面のカテゴリーページ、タグページにて、新規追加または編集ページの「並び順」メニューより指定。


[拡張]カテゴリーおよびタグごとで該当アーカイブページの1ページあたりの表示件数指定オプションを追加

カテゴリー、タグの新規追加または編集ページから、PCとモバイル別に該当アーカイブページの1ページあたりの記事表示件数を指定するオプションを追加。
※従来のテーマオプションは廃止。


[拡張]カテゴリーおよびタグごとで該当アーカイブページの表示レイアウトの個別指定オプションを追加

カテゴリー、タグの新規追加または編集ページから、該当アーカイブページの表示レイアウト(ノーマル、ポートフォリオ1〜2、マガジン、シンプルリスト、シンプルリスト(サムネイルあり))を個別に指定できるオプションを追加。
※従来のテーマオプションは廃止。


[拡張]カテゴリーおよびタグごとで該当アーカイブページの1カラム指定オプションを追加

カテゴリー、タグの新規追加または編集ページから、該当アーカイブページの1カラム表示(サイドバー非表示)オプションを追加。
※従来のテーマオプションは廃止。


[拡張]モバイルテーマのオフキャンバスメニューを独自構造に刷新し、軽量化

モバイルテーマのオフキャンバスメニュー(グローバルメニュー)を、従来のサードパーティのモジュールを廃止し、独自の効率的な機能(CSS、JavaScript)に移行して軽量化。


[拡張]「No image」用の画像のアップロード機能を追加

【詳細設定】→【サイト一般動作設定】の「NO IMAGE 画像変更」


[拡張]ショートカットキーを表示するための .keyboard 装飾セレクタを追加

表示例

Mac の場合、+V で貼り付け。
Windows の場合、Ctrl+V で貼り付け。
+E でエクスプローラーを開きます。

このコード

Mac の場合、<span class="keyboard"><i class="icon-cmd"></i></span>+<span class="keyboard">V</span> で貼り付け。
Windows の場合、<span class="keyboard">Ctrl</span>+<span class="keyboard">V</span> で貼り付け。
<span class="keyboard"><i class="icon-windows"></i></span>+<span class="keyboard">E</span> でエクスプローラーを開きます。

[拡張]WordPressの標準コメントウィジェットの刷新

WordPressの標準コメントウィジェットを大幅に拡張(アバター表示、表示コメント文字数の指定、日付+日時有無、指定キーワード、抽出対象の投稿の絞り込み)。


[拡張]選択可能なアーカイブ形式に「シンプルリスト」と「シンプルリスト(サムネイルあり)」を追加

トップページ、およびアーカイブページでの記事一覧形式に、「シンプルリスト」と「シンプルリスト(サムネイルあり)」の2種類を追加。

「シンプルリスト」は、テーマに組み込まれている「お知らせ」用カスタム投稿タイプ専用のアーカイブ形式と同一であり、日付、タイトル、寄稿者のみが表示されるシンプルな記事のリストです。
「シンプルリスト(サムネイルあり)」は、「シンプルリスト」をベースに、サムネイル画像とカテゴリーの表示に対応したリストです。
後者の形式は、検索結果ページの場合に自動的に採用されるスタイルです。

シンプルリストの表示例

シンプルリスト(サムネイルあり)の表示例


[拡張]WordPressのダッシュボードに、投稿IDまたはタクソノミーIDを表示するよう拡張

管理画面の投稿一覧、固定ページ一覧、カテゴリー管理、タグ管理ページにて、投稿IDまたはタクソノミーIDを表示するよう拡張。
また、IDと閲覧数で並べ替えが可能となりました。


[拡張]クラシックエディターのビジュアルモードでの挿入ボタンやフォームの大幅な改良

クラシックエディタープラグインにより利用可能となる WordPress 4.x 以前のエディターのビジュアルモードにて、フォントサイズの選択肢を8px〜40px、110%〜300% から選べるよう書き換え。

また、カスタムスタイルの選択肢を大幅に追加し、細分化。

さらに、CSS疑似ボタン(リンク)挿入時に、URLの入力フォームを表示するよう改良。


[拡張]クラッシックエディターのテキストモードにて、クイックタグボタンの大幅な追加

注意

テーマ側で追加するクイックボタンを無効にする場合は、【詳細設定】→【サイト一般動作設定】→【エディター設定】メニューにて「テキストエディターに独自のクイックタグボタンを追加しない」にチェックをしてください。

[拡張]アップロード画像(imgタグ)の挿入時の高精細ディスプレイ対策用(サイズ値調整)オプションを追加

クラシックエディターにて、「メディアを追加」ボタンからアップロードした画像のimgタグをエディター(本文編集エリア)内に挿入する際、Retina等の高精細ディスプレイでは実画像サイズ(解像度)の半分での幅と高さでの表示が適切な表示となるため、エディター挿入時にimgタグに自動で指定されるwidth, height値を実際の画像の解像度の半分の値にリサイズしてから挿入するオプションを追加。

imgタグ出力例

例えば解像度が 1000 x 824 ピクセルのアップロード画像を「メディアを追加」ボタンからエディターに挿入した場合は以下のようになります。

通常挿入されるタグ

<img src=”https://…sample.png” alt=”” width=”1000″ height=”824″ class=”aligncenter size-full wp-image-12345″ />

オプションが有効の場合に挿入されるタグ

<img src=”https://…sample.png” alt=”” width=”500″ height=”412″ class=”aligncenter size-full wp-image-12345″ />
【詳細設定】→【サイト一般動作設定】→【エディター設定】メニューにて、「実画像のサイズの半分にした width値と height値で img タグを挿入(高精細ディスプレイ対策)」にチェック

注意事項

  • アップロードする画像は、実際に表示したいサイズの2倍のサイズ(解像度)にしてください。
  • このオプションは、画像ファイル自体をリサイズするものではありません。imgタグの width, height属性値のみを変更します。
  • この機能は「メディア」からアップロード画像をエディターに挿入するときのみ、imgタグの width, height 値を変更するための機能となり、投稿ページを表示する際のimgタグへの動的な制御は行いません。

[改良]トップページフルスクリーンスライダーのイージングエフェクトの動作を改良

トップページのフルスクリーンスライダーにて、スライドが上下左右にランダムに少しずつ移動しながら表示されるイージングエフェクトの動作(トラジションエフェクト)を、従来の「ease」ではなく「linear」とすることで途切れ目のない動きにし、移動範囲を従来より短くすることで、体感的な高級感を向上。

スライダーのイージングエフェクトは、スライドのエフェクトが「フェードイン/アウト」の場合のみ有効です。

[改良]iPhone X のセーフエリア対策

iPhone X から採用された全面ディスプレイによって登場したセーフエリア(Safe Area)に対する iOS v11.2〜(モバイル Safari)でのフッターバーや左右の余白を調整。

iOS v11.1以下のセーフエリア対策(constant()プロパティでの調整)は範囲外にしています。

特に、従来では DigiPress テーマで表示しているフッターバーが iPhone のホームバーが反応する領域と被ってしまい、フッターバーの操作に支障をきたしていた状態が解消されます。

ポートレートモード(縦向き)での比較
左側がアップデート前、右側がアップデート後。
ランドスケープモード(横向き)での比較
上がアップデート前、下がアップデート後。

[改良]AMPモード(AMPテーマ)における、テーマオプションの CSS 出力方法の改良

AMP用のカスタムCSSの出力は、従来の動的な仕様(ページを開くたびにテーマオプションのデータをその都度解析して動的に生成したCSSを head 内にインライン出力)を廃止し、テーマオプションの保存時にサーバー上にカスタマイズしたCSSファイルを出力し、そのCSSファイルの内容とテーマ標準のCSSとマージした静的なテキストを head 内にインライン出力する仕様に変更することで、従来の動的にCSSを生成する負荷を排除。


[改良]AMPモードにて、日本語、英数字の指定フォントが反映されるよう改良

AMPテーマでの CSS 出力方法の変更に伴う処理の効率化と CSS の軽量化の結果、AMPテーマでも、タイポグラフィー設定にて指定したフォント(日本語、英数字)が反映されるよう改良。


[改良]検索結果ページの場合は、シンプルリスト(サムネイルあり)形式で表示

検索結果ページでは、目的の記事を効率的に素早く見つけられることが求められるため、アーカイブ形式に新たに「シンプルリスト(サムネイルあり)」形式を追加し、検索結果ページでは自動的にこの形式で表示されるよう改良。

このアーカイブ形式では、サムネイル、タイトル、日付、カテゴリー、寄稿者のみが表示されるリスト形式です。


[改良]キャプション付き(caption ショートコード)で画像を表示する際のデザインを改良し、視認性を向上

エディターからキャプション付きの画像を挿入(captionショートコードの自動挿入)した際の表示デザインを改良(下部のマージンの拡大、キャプションのフォントサイズを13.5pxに変更、ボックスシャドウを表示)。

表示例

captionショートコード表示例

このショートコード

[caption id="attachment_141675" align="aligncenter" width="300"]<img src="https://digipress.info/_wp/wp-content/uploads/2017/06/eye13-300x200.jpg" alt="" width="300" height="200" class="size-thumbnail wp-image-141675" /> captionショートコード表示例[/caption]

[拡張]wp_body_open のアクションフックに対応(WordPress 5.2以降)

WordPress 5.2 より提供される body 要素の直後に任意の処理を実行できる wp_body_open のアクションフックに対応。


[拡張]パンくずリストの Microdata は JSON-LD に統合

@type : BreadcrumbList を JSON-LD に追加。
この拡張により、ページ上のパンくずリストの表示有無の影響を受けず、検索エンジンが表示中のページのサイト内における階層構造を把握可能となります。


[拡張]テーマが自動出力する JSON-LD に @type : WebSite を追加

シングルページのメタ情報、パンくずリストに加えて、サイト自体の基本情報を自動的に JSON-LD として出力。


[拡張]ブロックエディタ用のWordPress標準CSSの読み込み無効化オプション追加

WordPress 5.0より搭載されたブロックエディターにて作成されたコンテンツを表示するための、フロントエンドのWordPress標準CSSが不要の場合はこのオプションにてhead内へのロードを無効化。

【詳細設定】→【サイト一般動作設定】の「ブロックライブラリ用の CSS の読み込みを無効化」

[拡張]アイコンフォント追加(icon-line-spacing, icon-sort-asc, icon-sort-desc)

追加フォント表示例

  • : icon-line-spacing
  • : icon-sort-asc
  • : icon-sort-desc

[変更]アイコンフォントデザイン入れ替え(icon-list, icon-equalizer, icon-food)

従来のアイコン表示

新しいアイコン表示


[変更]画像に枠線を表示する装飾セレクタ(.bd)のスタイル変更

背景色と同化する画像を、背景と意図的に分けて明示したい場合に利用することを目的とした、画像用のボーダー装飾セレクタ(.bd)のデザインを微修正。
.bd セレクタなし .bd セレクタあり

このコード

<img src="https://digipress.info/_wp/wp-content/uploads/2019/05/for-bd-sample.png" alt="" width="326" height="258" />

このコード

<img src="https://digipress.info/_wp/wp-content/uploads/2019/05/for-bd-sample.png" alt="" width="326" height="258" class="bd" />

[変更]codepre要素はコード表示用のフォントで表示するよう変更し、デザインを少し変更

codeおよびpreで括ったテキストは、プログラミングコードに適したフォント(Consolas,Monaco,monospace,Courier,Menlo)が優先的に反映されるよう変更。

表示例

<div>タグのテスト。.keyboardセレクタでショートカットキーのタイプを表現。

このコード

<code><div></code>タグのテスト。</code><code>.keyboard</code>セレクタでショートカットキーのタイプを表現。

[変更]画像リンクの場合は、ボックスシャドウで画像を装飾するよう修正

エディターから挿入したアップロード画像がリンク(aタグでラップされている)の場合は、画像全体にボックスシャドウが表示されるよう仕様変更。

画像のみの場合 画像リンクの場合

[変更]関連記事は横スクロールで1行にまとめて表示するようデザイン変更

投稿ページに関連記事(ポートフォリオ形式)を表示する場合、表示件数とブラウザの表示幅に関係なく、オーバーフローする部分は横スクロールで全記事が1行で表示されるようスタイル変更。


[変更]共有のボーダーカラー、背景カラーは、中間カラーを基準としたアルファ値で固定化

共有部分のボーダーカラーや背景カラーは、サイトの背景の明暗(明るい背景 ←→ 暗い背景)になるべく依存しないボーダーと背景カラーとして利用できるカラー(#aaa)を基準にしたアルファ値ですべて正規化し、従来の基本フォントカラーをベースにしたカラーコードの生成によるカスタムCSSへの組み込みを廃止し、全体的なCSSの軽量化を実現。


[変更]Windowsのベースフォントをメイリオに変更し、font-familyの指定を簡略化

テーマ規定のフォントを、Windowsの場合は游ゴシックからメイリオに優先順位を変更。
游ゴシックで表示する場合は、タイポグラフィー設定にて使用フォントを「游ゴシック」に指定してください。

また、font-familyパラメータの値に日本語でのフォント表記を排除。


[修正]各主要タイトルのフォントサイズを若干拡大

投稿タイトルやウィジェットタイトルなど、各主要タイトルの規定フォントサイズを最大数ピクセル拡大し、視認性を向上。


[修正]PCテーマでは、PC用のURLでLINEのシェアボタンを表示するよう変更

LINEのシェアボタンは、アプリへの専用アドレスとなるためモバイルテーマのみでの表示となっていた従来の仕様を、PCではhttps経由のアドレスとしてボタンを表示するよう改良。


[修正]PHP、CSS、JavaScriptの細かな多数のバグ修正

視認性とアクセシビリティ向上のため、各要素のサイズおよび余白調整、フォントサイズの変更、その他多くのデザインを微修正。
メンテナンス性の向上と効率化のための全体的なソースコードの最適化、構造変更と、見つかった多数の細かなバグを修正。


[修正]PHPのソースコードの大幅な修正

メンテナンス性の向上と効率化のための全体的なソースコードの大幅な最適化、構造変更。