DigiPress

Highly Flexible WordPress Theme

メニュー

[オリジナル]プログレスバーブロックの機能

[オリジナル]プログレスバーブロックの機能

ここで紹介する機能を利用するには、DigiPress 専用プラグイン「DigiPress Ex – Blocks Free」または「DigiPress Ex – Blocks」が必要です。
なお、「DigiPress Ex – Blocks Free」の場合は一部機能制限があります。

DigiPress Ex – Blocks / Blocks Free」プラグインを利用することで、WordPress のブロックエディターにプラグインオリジナルの「プログレスバー」ブロックが追加されます。

このブロックでは、物事の進捗状況や能力レベルの割合などを示すアニメーションバー(グラフ)を表示できます。

その他のエディター機能については以下をご覧ください。


ブロックコンテンツ表示サンプル

表示例デフォルト(ブロック追加直後)
WordPress
70%
表示例グラデーション、角丸
割引率
今なら58% !
42%OFF!
表示例光沢加工、アイコン付き
投票率
あと5日
表示例スクロールフェードイン有効
取得率
76.4%
本年度

ブロックの追加

「プログレスバー」ブロックは、ブロック追加ボタンで一覧を開き、「DigiPressブロック」グループから追加します。

「DigiPress ブロック」から「プログレスバー」を追加

ブロックを追加すると、エディター上で以下の初期状態のコンテンツが表示されます。

ブロック追加直後の状態

編集中のエディターでは、以下のように実際のブロックコンテンツの表示と同じ状態でカスタマイズができます。

編集中のエディターの状態
実際の表示と同じ状態で編集が可能

ブロックオプション(右側サイドバー)

一般設定

右側の設定サイドバーにある「一般設定」では、プログレスバー全体の背景カラーや角丸、サイズ(幅、高さ)を調整するためのオプションがあります。

グラデーション、凹み効果はサブスクリプション版にて利用可能になります

プログレスバー設定

右側の設定サイドバーにある「プログレスバー設定」では、進捗を示すバーの割合(パーセンテージ)やカラー、光沢エフェクト、バーの進捗アニメーションの有無などの設定を行います。

プログレスバー設定
プログレスバー設定(続き)

グラデーション、光沢エフェクト、パーセンテージの接頭辞・接尾辞はサブスクリプション版にて利用可能になります

左ラベル

右側の設定サイドバーにある「左ラベル」では、プログレスバーの左端に表示されるテキストのタイポグラフィやカラー、アイコン、ラベル部分のハイライトに関する設定が行えます。

左ラベル
左ラベル(続き)

アイコンの表示はサブスクリプション版にて利用可能になります

右ラベル

右側の設定サイドバーにある「右ラベル」では、プログレスバーの右端に表示されるテキストのタイポグラフィやカラー、アイコンに関する設定が行えます。

メインタイトル

右ラベルの表示はサブスクリプション版にて利用可能になります

スクロールアニメーション

右側の設定サイドバーにある「スクロールアニメーション」では、ページの垂直スクロールによって対象ブロックの表示位置まで移動された際に、アニメーションでフェードイン表示する場合、そのアニメーションパターンや各種アニメーション時間などをカスタマイズします。

設定したアニメーションは、「プレビュー」ボタンをクリックしてエディター上で事前にチェックが行なえます。

このオプションはサブスクリプション版にて利用可能になります。

間隔調整(インラインスタイル、プリセットclass)

「間隔調整」では、このブロックの前後(上下)に設けるマージン(余白)を設定できます。

間隔調整は、ブロックコンテンツのラッパー要素の style 属性に直接 CSS を挿入する「インラインスタイル」か、テーマのプリセット装飾 class を挿入することで余白を調整する「プリセット class」のいずれかの方法を選べます。

注意事項・仕様

無料版での機能制限

無料版(DigiPress Ex – Blocks Free)では、以下のカスタマイズオプションの利用が制限されています。

  • プログレスバー全体の背景のグラデーション指定
  • プログレスバー全体の凹み効果
  • プログレスバーのグラデーション指定
  • プログレスバーに対する光沢エフェクト指定
  • プログレスバー上に表示されるパーセンテージ前後の任意テキスト指定
  • 左ラベルのアイコン表示
  • 左ラベルのハイライト表示
  • 右ラベルの表示
  • スクロールアニメーション(フェードイン)

ブロックコンテンツを本文以外(ウィジェットエリア)で表示する方法

DigiPressのオリジナルブロックを含め、WordPressのブロックエディターによるコンテンツを記事本文以外のウィジェットエリアに表示するには、「DigiPress Ex – Blocks」プラグインの「再利用コンテンツ」機能を利用することで実現できます。

詳しくは以下をご覧ください。