DigiPress

Highly Flexible WordPress Theme

メニュー

[オリジナル]タイムラインブロックの機能

[オリジナル]タイムラインブロックの機能

ここで紹介する機能を利用するには、DigiPress 専用プラグイン「DigiPress Ex – Blocks Free」または「DigiPress Ex – Blocks」が必要です。
なお、「DigiPress Ex – Blocks Free」の場合は一部機能制限があります。

DigiPress Ex – Blocks / Blocks Free」プラグインを利用することで、WordPress のブロックエディターにプラグインオリジナルの「タイムライン」ブロックが追加されます。

このブロックでは、手続きや操作の手順、沿革などの時系列コンテンツをタイムライン形式で表示することができます。

その他のエディター機能については以下をご覧ください。


ブロックコンテンツ表示サンプル

表示例ステップフレーズなしの場合
オンライン注文・決済

ここにタイムラインのステップごとのコンテンツを表示します。
ここにはテキストだけでなく、標準・オリジナルブロックを含めた様々なブロックを追加できます。

ご注文内容の確認

ここにタイムラインのステップごとのコンテンツを表示します。
ここにはテキストだけでなく、標準・オリジナルブロックを含めた様々なブロックを追加できます。

商品の発送

ここにタイムラインのステップごとのコンテンツを表示します。
ここにはテキストだけでなく、標準・オリジナルブロックを含めた様々なブロックを追加できます。

商品の到着・確認

ここにタイムラインのステップごとのコンテンツを表示します。
ここにはテキストだけでなく、標準・オリジナルブロックを含めた様々なブロックを追加できます。


表示例ステップフレーズありの場合
ステップ 1
オンライン注文・決済

ここにタイムラインのステップごとのコンテンツを表示します。
ここにはテキストだけでなく、標準・オリジナルブロックを含めた様々なブロックを追加できます。

ステップ 2
ご注文内容の確認

ここにタイムラインのステップごとのコンテンツを表示します。
ここにはテキストだけでなく、標準・オリジナルブロックを含めた様々なブロックを追加できます。

ステップ3
商品の発送

ここにタイムラインのステップごとのコンテンツを表示します。
ここにはテキストだけでなく、標準・オリジナルブロックを含めた様々なブロックを追加できます。

ステップ 4
商品の到着・確認

ここにタイムラインのステップごとのコンテンツを表示します。
ここにはテキストだけでなく、標準・オリジナルブロックを含めた様々なブロックを追加できます。

ステップ 5
タイムラインタイトル


表示例ステップフレーズ位置が左側の場合
2003年5月27日
WordPress 初版リリース

ここにタイムラインのステップごとのコンテンツを表示します。
ここにはテキストだけでなく、標準・オリジナルブロックを含めた様々なブロックを追加できます。

2005年12月31日
WordPress 2.0 (Duke) リリース

ここにタイムラインのステップごとのコンテンツを表示します。
ここにはテキストだけでなく、標準・オリジナルブロックを含めた様々なブロックを追加できます。

2010年6月17日
WordPress 3.0 (Thelonious) リリース

ここにタイムラインのステップごとのコンテンツを表示します。
ここにはテキストだけでなく、標準・オリジナルブロックを含めた様々なブロックを追加できます。

2018年12月7日
WordPress 5.0 (Bebo) リリース

ここにタイムラインのステップごとのコンテンツを表示します。
ここにはテキストだけでなく、標準・オリジナルブロックを含めた様々なブロックを追加できます。


表示例ステップ背景を有効にした場合
ステップ 1
オンライン注文・決済

ここにタイムラインのステップごとのコンテンツを表示します。
ここにはテキストだけでなく、標準・オリジナルブロックを含めた様々なブロックを追加できます。

ステップ 2
ご注文内容の確認

ここにタイムラインのステップごとのコンテンツを表示します。
ここにはテキストだけでなく、標準・オリジナルブロックを含めた様々なブロックを追加できます。

ステップ3
商品の発送

ここにタイムラインのステップごとのコンテンツを表示します。
ここにはテキストだけでなく、標準・オリジナルブロックを含めた様々なブロックを追加できます。

ステップ 4
商品の到着・確認

ここにタイムラインのステップごとのコンテンツを表示します。
ここにはテキストだけでなく、標準・オリジナルブロックを含めた様々なブロックを追加できます。

「ステップ背景」オプションはサブスクリプション版のみの機能となります。


表示例吹き出し+シャドウスタイル
ステップ 1
オンライン注文・決済

ここにタイムラインのステップごとのコンテンツを表示します。
ここにはテキストだけでなく、標準・オリジナルブロックを含めた様々なブロックを追加できます。

ステップ 2
ご注文内容の確認

ここにタイムラインのステップごとのコンテンツを表示します。
ここにはテキストだけでなく、標準・オリジナルブロックを含めた様々なブロックを追加できます。

ステップ3
商品の発送

ここにタイムラインのステップごとのコンテンツを表示します。
ここにはテキストだけでなく、標準・オリジナルブロックを含めた様々なブロックを追加できます。

ステップ 4
商品の到着・確認

ここにタイムラインのステップごとのコンテンツを表示します。
ここにはテキストだけでなく、標準・オリジナルブロックを含めた様々なブロックを追加できます。

吹き出し、シャドウ表示はサブスクリプション版のみの機能となります。


表示例アコーディオン(開閉)形式
ステップ 1

ここにタイムラインのステップごとのコンテンツを表示します。
ここにはテキストだけでなく、標準・オリジナルブロックを含めた様々なブロックを追加できます。

ステップ 2

ここにタイムラインのステップごとのコンテンツを表示します。
ここにはテキストだけでなく、標準・オリジナルブロックを含めた様々なブロックを追加できます。

ラベルブロック
  • リストブロック
    • リストブロック
  • リストブロック
ステップ3

ここにタイムラインのステップごとのコンテンツを表示します。
ここにはテキストだけでなく、標準・オリジナルブロックを含めた様々なブロックを追加できます。

ステップ 4

ここにタイムラインのステップごとのコンテンツを表示します。
ここにはテキストだけでなく、標準・オリジナルブロックを含めた様々なブロックを追加できます。

アコーディオン形式はサブスクリプション版のみの機能となります。


ブロックの追加

オリジナルブロックは、ブロック追加ボタンから「DigiPress ブロック」グループを開いて追加します。

「DigiPressブロック」から「タイムライン」を追加

ブロックを追加すると、エディター上で以下の初期状態のコンテンツが表示されます。

ブロック追加直後の状態

編集中のエディターでは、以下のように実際のブロックコンテンツの表示と同じ状態でカスタマイズができます。

編集中のエディターの状態
実際の表示と同じ状態で編集が可能

右側サイドバー : 全般設定

右側の設定サイドバーにある「全般設定」では、対象のブロックコンテンツ全体に関する共通カスタマイズが行えます。

ステップ基点デザインのカスタマイズ

タイムライン内の各ステップごとに表示されるディスクマーク(基点)の形状やカラーをカスタマイズできます。

「ステップ基点形状」オプションはサブスクリプション版にて利用可能な機能です。

スライダー形式の切り替え

タイムラインボーダーデザインのカスタマイズ

ステップ基点を繋ぐ直線のスタイルや太さ、カラーをカスタマイズできます。

タイムラインボーダーデザインのカスタマイズはサブスクリプション版にて利用可能な機能です。

アコーディオン開閉モード

タイムラインの各タイトルをクリックすることでステップコンテンツが展開するアコーディオンスタイルに変更できます。
タイトルには展開アイコンを表示できます。

右側サイドバー : タイトル

右側の設定サイドバーにある「タイトル」では、タイムラインに各ステップに表示されるタイトルの表示有無とそのデザインに関する共通カスタマイズが行えます。

右側サイドバー : ステップフレーズ

右側の設定サイドバーにある「ステップレーズ」では、タイムラインの各ステップに添字として表示できるステップフレーズの表示有無とそのデザインに関する共通カスタマイズが行えます。

ステップフレーズには、「ステップ 1」や「2020年1月1日」など、ステップの基点を示す文字列を指定します。

ステップフレーズの位置、テキストのカスタマイズはサブスクリプション版にて利用可能な機能です。

右側サイドバー : ステップ背景

右側の設定サイドバーにある「ステップ背景」では、タイムラインの各ステップの背景の表示有無とそのデザインに関する共通カスタマイズが行えます。

「ステップ背景」オプションはサブスクリプション版にて利用可能な機能です。

右側サイドバー : 間隔調整

右側の設定サイドバーにある「間隔調整」では、対象ブロックエリア内の各要素下部のマージンと、ブロック上部および下部のマージンを規定の間隔から好みの距離に変更することができます。

ここで指定した間隔(マージン)は、テーマにプリセットの余白調整用のCSSではなく、インラインCSSとして直接定義されます。

タイムラインアイテム(ステップ)の追加

タイムラインにステップを追加するには、ブロック内の下部にある「+」ボタンをクリックします。

タイムラインアイテム(ステップ)ごとのカスタマイズ

追加したステップ(内部ブロック)を選択状態にすると、右側サイドバーにはステップごとに施せるカスタマイズオプションが表示されます。

ステップごとでは、対象ステップに限定した基点カラーの変更と基点を繋ぐ直線のデザインカスタマイズが行えます。

直線(タイムラインボーダー)のカスタマイズは、サブスクリプション版にて利用可能となります。


注意事項・仕様

変換せずに必ず最新仕様にリカバリー(復元)

本プラグインのアップデート後、エディター上のブロックで「このブロックには、想定されていないか無効なコンテンツが含まれています。」と表示された場合、旧バージョンから仕様が変更された可能性があります。

この場合は、HTML やクラシックブロックに変換せずに、必ず「ブロックのリカバリーを試行」を選択してアップデート後のバージョン仕様としてリカバリーしてください。

「ブロックのリカバリーを試行」を実行しない限り、既存のブロックは従来のバージョンの状態のままで表示されます。

無料版での機能制限

無料版(DigiPress Ex – Blocks Free)では、以下のカスタマイズオプションの利用が制限されています。

  • 全体設定
    • ステップ基点形状
    • タイムラインボーダースタイル
    • タイムラインボーダーサイズ
    • タイムラインボーダーカラー
  • ステップフレーズ
    • ステップフレーズ位置
    • 各種テキスト表示オプション(文字サイズ、太字、イタリック、セリフ体、文字色)
  • ステップ背景

ブロックコンテンツを本文以外(ウィジェットエリア)で表示する方法

DigiPressのオリジナルブロックを含め、WordPressのブロックエディターによるコンテンツを記事本文以外のウィジェットエリアに表示するには、「DigiPress Ex – Blocks」プラグインの「再利用コンテンツ」機能を利用することで実現できます。

詳しくは以下をご覧ください。