DigiPress

Highly Flexible WordPress Theme

メニュー

[WP標準]リストブロックの拡張機能

[WP標準]リストブロックの拡張機能

ここで紹介する機能を利用するには、DigiPress 専用プラグイン「DigiPress Ex – Blocks Free」または「DigiPress Ex – Blocks」が必要です。

DigiPress Ex – Blocks/Blocks Free」プラグインを利用することで、WordPress のエディターにおける標準ブロックである「リスト」ブロックに対して様々な拡張機能を利用できるようになります。

その他のエディター機能については以下をご覧ください。


画像ブロックを追加するには、ブロック追加ボタンをクリックし【テキスト】セクションの「リスト」を選択します。

本プラグインが有効化されている場合は、エディター上の該当ブロックの右側サイドバーに以下の拡張オプションが追加されます。

拡張されるオプション

「スタイル」パネル

右側サイドバーの「スタイル」パネル内に、2種類のスタイルが追加されます。

  • 下線
  • 下破線
追加されるスタイル
表示例デフォルト
  • これはWordPress標準のリストブロックです。
  • これはWordPress標準のリストブロックです。
  • これはWordPress標準のリストブロックです。
表示例下線スタイル
  • これはWordPress標準のリストブロックです。
  • これはWordPress標準のリストブロックです。
  • これはWordPress標準のリストブロックです。
表示例下破線スタイル
  • これはWordPress標準のリストブロックです。
  • これはWordPress標準のリストブロックです。
  • これはWordPress標準のリストブロックです。

「その他の設定」パネル

本プラグインによって右側サイドバーに「その他の設定」パネルが追加されます。

リストをカラム表示する

標準のリストブロックでは、1行ずつリストが下に並ぶのみですが、本プラグインの拡張によって【その他の設定】→「カラム」からリストをカラムで分けて表示することができます。

表示例2カラム
  • これはWordPress標準のリストブロック
  • これはWordPress標準のリストブロック
  • これはWordPress標準のリストブロック
  • これはWordPress標準のリストブロック
表示例3カラム
  • 標準のリストブロック
  • 標準のリストブロック
  • 標準のリストブロック
  • 標準のリストブロック
  • 標準のリストブロック
  • 標準のリストブロック
縦書きでリストを表示する

【その他の設定】→「書き込みスタイル」から “縦書き” を選択すると、リストが縦書きになります。

表示例
  • 標準のリストブロック
  • 標準のリストブロック
  • 標準のリストブロック
  • 標準のリストブロック(セリフ体)
  • 標準のリストブロック(セリフ体)
  • 標準のリストブロック(セリフ体)
リスト全体のフォントサイズを変更する

【その他の設定】→「文字サイズ」からリスト全体のフォントサイズを指定したサイズに一括で変更できます。

標準オプションのタイポグラフィ設定からもフォントサイズを変更できますが、こちらはインラインのCSSを挿入するのに対し、【その他の設定】からの文字サイズ変更は、DigiPressテーマに用意されているフォントサイズ用のCSSセレクタ(ft10px 〜 ft100px)を class に挿入します。

表示例
  • サイズ未指定
  • サイズ未指定
  • サイズ未指定
  • サイズ未指定
  • 14ピクセル
  • 14ピクセル
  • 14ピクセル
  • 14ピクセル
  • 20ピクセル
  • 20ピクセル
  • 20ピクセル
  • 20ピクセル

注意事項・仕様

変換せずに必ず最新仕様にリカバリー(復元)

本プラグインのアップデート後、エディター上のブロックで「このブロックには、想定されていないか無効なコンテンツが含まれています。」と表示された場合、旧バージョンから仕様が変更された可能性があります。

この場合は、HTML やクラシックブロックに変換せずに、必ず「ブロックのリカバリーを試行」を選択してアップデート後のバージョン仕様としてリカバリーしてください。

「ブロックのリカバリーを試行」を実行しない限り、既存のブロックは従来のバージョンの状態のままで表示されます。

ブロックコンテンツを本文以外(ウィジェットエリア)で表示する方法

DigiPressのオリジナルブロックを含め、WordPressのブロックエディターによるコンテンツを記事本文以外のウィジェットエリアに表示するには、「DigiPress Ex – Blocks」プラグインの「再利用コンテンツ」機能を利用することで実現できます。

詳しくは以下をご覧ください。