DigiPress

Highly Flexible WordPress Theme

メニュー

[オリジナル]高度な見出しブロックの機能

[オリジナル]高度な見出しブロックの機能

ここで紹介する機能を利用するには、DigiPress 専用プラグイン「DigiPress Ex – Blocks Free」または「DigiPress Ex – Blocks」が必要です。
なお、「DigiPress Ex – Blocks Free」の場合は一部機能制限があります。

DigiPress Ex – Blocks / Blocks Free」プラグインを利用することで、WordPress のブロックエディターにプラグインオリジナルの「高度な見出し」ブロックが追加されます。

このブロックでは、見出しタイトル(h1〜h6, p, div)の周囲に任意のテキストと装飾ライン(ボーダー)を指定した順序で表示することができます。

その他のエディター機能については以下をご覧ください。


ブロックコンテンツ表示サンプル

表示例デフォルト(ブロック追加直後)
タイトル上のテキスト

メインタイトル

タイトル下のテキスト

表示例中央寄せ、アイコン付き
新作続々!

今週の人気作品

ー Weekly Ranking ー

表示例右寄せ、タイトル隣接ライン
Download Free Sound Effects

Sound Garden

ジャンル別にフリー音源を検索できます

表示例中央寄せ、縦書き、スクロール表示
旬の食材を最高においしく

至福のひととき

blissful time

表示例カバーブロック上に表示した例
旬の食材を最高においしく

至福のひととき

blissful time

ブロックの追加

「高度な見出し」ブロックは、ブロック追加ボタンで一覧を開き「DigiPressブロック」グループから追加します。

「DigiPress ブロック」から「高度な見出し」を追加

ブロックを追加すると、エディター上で以下の初期状態のコンテンツが表示されます。

ブロック追加直後の状態

編集中のエディターでは、以下のように実際のブロックコンテンツの表示と同じ状態でカスタマイズができます。

編集中のエディターの状態
実際の表示と同じ状態で編集が可能

ブロックオプション(右側サイドバー)

全般設定

右側の設定サイドバーにある「全般設定」では、見出しとその前後のテキストとの距離を調整するオプションがあります。

タイトル上のテキスト

右側の設定サイドバーにある「タイトル上のテキスト」では、見出しの上に表示される任意のテキストの表示有無と、フォントサイズ、文字色、その他タイポグラフィに関する設定を行います。

メインタイトル

右側の設定サイドバーにある「メインタイトル」では、見出しタイトルを括る HTML タグ(h1〜h6, p, div)の指定、フォントサイズ、文字色、その他タイポグラフィ関連、縦書き・横書き設定、タイトル先頭に表示するアイコンの指定などが行なえます。

メインタイトル
メインタイトル(続き)

アイコンの表示はサブスクリプション版にて利用可能になります

タイトル下のテキスト

右側の設定サイドバーにある「タイトル下のテキスト」では、見出しの上に表示される任意のテキストの表示有無と、フォントサイズ、文字色、その他タイポグラフィに関する設定を行います。

さらに、タイトル下のテキストでは「絶対位置で表示」オプションがあり、有効にすると見出しタイトルに対する透かし要素としてテキストを表示させることができます。

「絶対位置で表示」オプションはサブスクリプション版にて利用可能になります

アクセントライン

右側の設定サイドバーにある「アクセントライン」では、見出しタイトルを装飾するデザイン要素としてのボーダーの表示有無、表示する場合の表示位置、ボーダーのスタイルやカラー、サイズ(幅、高さ)、角丸度合い、回転率を調整できます。

アクセントラインの表示位置は、無料版では「メインタイトルと下部テキストの間」固定になります。
アクセントラインカラーのグラデーション指定はサブスクリプション版にて利用可能になります。

スクロールアニメーション

右側の設定サイドバーにある「スクロールアニメーション」では、ページの垂直スクロールによって対象ブロックの表示位置まで移動された際に、アニメーションでフェードイン表示する場合、そのアニメーションパターンや各種アニメーション時間などをカスタマイズします。

設定したアニメーションは、「プレビュー」ボタンをクリックしてエディター上で事前にチェックが行なえます。

このオプションはサブスクリプション版にて利用可能になります。

間隔調整(インラインスタイル、プリセットclass)

「間隔調整」では、このブロックの前後(上下)に設けるマージン(余白)を設定できます。

間隔調整は、ブロックコンテンツのラッパー要素の style 属性に直接 CSS を挿入する「インラインスタイル」か、テーマのプリセット装飾 class を挿入することで余白を調整する「プリセット class」のいずれかの方法を選べます。

注意事項・仕様

無料版での機能制限

無料版(DigiPress Ex – Blocks Free)では、以下のカスタマイズオプションの利用が制限されています。

  • メインタイトルのアイコンおよび回転率
  • タイトル下のテキストの絶対位置指定および垂直方向の位置修正
  • アクセントラインの表示位置指定(“メインタイトルと下部テキストの間” 固定)
  • アクセントラインカラーのグラデーション指定
  • スクロールアニメーション

ブロックコンテンツを本文以外(ウィジェットエリア)で表示する方法

DigiPressのオリジナルブロックを含め、WordPressのブロックエディターによるコンテンツを記事本文以外のウィジェットエリアに表示するには、「DigiPress Ex – Blocks」プラグインの「再利用コンテンツ」機能を利用することで実現できます。

詳しくは以下をご覧ください。